西日本建設業保証株式会社

*
TOP > 中間前払金保証 > 制度について

制度について


中間前金払制度とは

当初の前払金に加え、さらに20%以内の工事代金を受け取ることができる制度です。
■対象発注者 国土交通省等の中央系発注者に加え、都道府県、市町村でも制度の導入が進んでいます。
■対象工事 国の場合、請負金額1,000万円以上、工期150日以上の工事
■請求時期 ・工期の2分の1を経過し、
・工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべき作業が終了し、
・工事の進捗額が請負金額の2分の1以上となったとき。
※対象発注者、対象工事等、詳しくは当社窓口にご確認ください。

中間前払金のメリットは

  • 簡単な手続きで工事代金が早く受け取れます!
    • 部分払のような出来高検査はなく、現場を止める必要はありません。
    • 出来高検査時のような煩雑な資料作成は不要です。
  • 払出手続きが簡単です!
  • 保証料がきわめて安い!
    • 保証料率は、一律0.065%と格段に安くなっています。詳しくはこちらをご覧ください。

    1,000万円の中間前払金を利用した場合 1,000万円を金融機関から
    年利3%で3ヶ月借り入れた場合
    保証料=1,000万円×0.065%
    =6,500円
    支払利息=1,000万円×3%×3/12ヶ月
    =75,000円




* プライバシーポリシー * サイトマップ * お問い合わせ * ホーム
*
保証の流れ(入札公告〜工事完成)前払金保証契約保証契約保証予約(入札ボンド)中間前払金保証申込書類・保証料等
Copyright(C) 2007 West Japan Construction Surety Co.,Ltd. All rights reserved