西日本建設業保証株式会社

*
TOP > 建設業景況調査 > 建設業景況調査とは(見方・使い方)

建設業景況調査とは(見方・使い方)


  • 「建設業の景況調査」は、建設業の景気の現況と先行きを総合的に迅速かつ的確に把握することを目的としています。
  • 「建設業景況調査結果」は、建設企業に対して実施した景気等に関する意識調査の結果を集計したものです。
  • 調査対象企業数(全国): 約3,700社  土木・建築及び設備工事企業を調査対象としています。
  • 調査時期は、毎年3、6、9、12月です。
    例:6月調査の場合、今期実績は4〜6月、来期見通しは7〜9月分です。
  • データは「全国版」と「西日本各ブロック版(近畿・中国・四国・九州)」があります。
  • 全国版は、北海道建設業信用保証(株)、東日本建設業保証(株)と西日本建設業保証(株)3社による合同調査です。




B.S.Iについて

【B.S.I とは】

景気の先行きをみる上で、企業経営者の意識調査を行うことがあります。この建設業景況調査は、景気等に関して個々の建設企業の意識調査を行ったものです。そして、この意識調査の結果を数値化して表したものが、B.S.I(ビジネス・サーベイ・インデックス=景況判断指数)です。

【B.S.I の求め方】

集計結果から、以下の方法によりB.S.I が求められます。

*

【B.S.I の見方】

B.S.I は「良い」「悪い」などの変更方向別回答数の構成比から全体趨勢を判断するものです。すべての企業が「良い」とみている場合、B.S.Iは50、逆は△50、すべてが「変わらず」の場合は0となります。

【季節調整済のB.S.I について】

「季節調整済み」とは、季節調整法により、毎年繰り返される季節的な変動を取り除いていることを示します。例えば、百貨店の売上げは、社会的慣習である中元や歳暮のシーズンには前期比で大幅に伸びますが、この伸びは景気回復によるものなのか、あるいは、単に中元・歳暮という季節的な変動によるものなのか、よくわかりません。そこで、景気動向の趨勢をみるためには、この季節的変動を取り除く必要があります。このため、本調査では、このような季節的な変動をもった調査項目は、季節調整を行って表示しています。


* プライバシーポリシー * サイトマップ * お問い合わせ * ホーム
*
保証の流れ(入札公告〜工事完成)前払金保証契約保証契約保証予約(入札ボンド)中間前払金保証申込書類・保証料等
Copyright(C) 2007 West Japan Construction Surety Co.,Ltd. All rights reserved