西日本建設業保証株式会社

*
TOP > 契約保証 > 制度について

制度について


契約保証とは

  • 公共工事の契約保証とは、公共工事の請負契約の締結時に、請負者より発注者に納付される契約保証金の代わりとなる金銭的保証の1つです。
  • 万一、請負者の責により請負契約が解除されたときには、請負者が発注者に支払わなければならない損害金(違約金)を請負者に代わって当社が支払います。
〔契約保証金とは〕
公共工事の請負契約締結に際し、請負者から発注者に納付されるもので、請負者の請負契約上の義務の履行を確保するために徴する担保です。
請負者が請負契約上の義務を履行しない場合に、その損害の賠償を容易にすることを目的にしており、請負者の債務不履行時には国庫または当該公共団体に帰属することとなります。

〔メリット〕
  • 発注者にとっては、請負者の責めによる契約解除が発生した場合、当社の スムーズな違約金の支払いにより、再入札等を早急に行うことができ、引き続き工事の適正な施工が期待できます。
  • 建設企業にとっては公共工事の入札時に金銭的保証の選択肢が広がるとともに、低廉な保証料で保証を受けることが可能となります。


契約保証の対象は

当社の契約保証は、前払金保証に付随する特約として位置づけられているため、前払金の支出が予定されている公共工事が対象となります。

履行保証体系の概要

*



* プライバシーポリシー * サイトマップ * お問い合わせ * ホーム
*
保証の流れ(入札公告〜工事完成)前払金保証契約保証契約保証予約(入札ボンド)中間前払金保証申込書類・保証料等
Copyright(C) 2007 West Japan Construction Surety Co.,Ltd. All rights reserved